ビットコインからアルトコインまで仮想通貨を使い尽くす

ゼロから始める仮想通貨生活

取引所 雑記

おすすめビットコイン取引所

更新日:

個人がビットコイン等の仮想通貨を売買するには、取引所にアカウント登録(口座開設)する事が必要です。

日本ではまだ数少ないですが、中には怪しげな取引所も多数存在します。
そこで、今回は仮想通貨取引所として、もっとも信頼できる有名な3社をご紹介しようと思います。

Zaif(ザイフ)

2015年にオープンしたZaif取引所では、取り扱い通貨が豊富なのが特徴です。

ビットコインをはじめ、Zaif発行のザイフや国産のモナーコイン、さらにネムやカウンターパーティー、ビットクリスタル、ペペキャッシュ、そしてカイカコインなどが扱われています。
特にモナーコインの取り扱いがあるのは、現在zaifだけです。

また仮想通貨ではありませんが、様々なトークンも利用できるので大変便利です。
さらにzaifでは取引をする際、手数料が0円なのも良い点です。

面白いところではビットコイン積立という独自のサービスもあります。
投資信託やFX等ではよくある積立式の購入方法です。
毎月一定額のビットコインを機械的に購入していきます。
これはドルコスト平均法という投資方法で、ローリスクに投資出来るので初心者から玄人まで好まれて使われている手法です。

そのほか、ネムの購入時の手数料は、例えばコインチェックの販売所では3%から5%程度引かれますが、zaifであれば0.1%とかなり低い手数料で済みます。

悪い点としては、クレジットカード払いで通貨を購入すると、約10%の手数料がかかってしまいます。
さらにクイック入金がない為、買いたい時にすぐに買えません。(手数料を気にせずクレジットカードで購入すれば即時購入可能です)

その他、スマートフォン用のアプリに、毎回IDとパスワードを入力するのが面倒だという口コミもあります。

公式サイト

coincheck(コインチェック)


coincheckは大手の仮想通貨取引所で、初心者でもアプリから手軽に取引できるのが特徴です。

さらに、24時間取引可能なのも良い点で、取り扱い通貨としてはビットコインやリップル、イーサリアム、そしてジーキャッシュやオーガなどがあります。
またモネロやファクトムも扱っており、特にリップルやイーサリアムは、最近、価値が急上昇した通貨です。

coincheckの悪い点としては、直近30日間の取引量によって手数料が発生します。
例えば、取引量が50BTCならTaker手数料として、0.14%かかります。200BTCなら0.13%、500BTCで0.12%です。

その他、coincheckでは電気料金の支払いに対応しています。
支払いには日本円やビットコインを使うことができ、支払った総額に応じて、ビットコインによるキャッシュバックがあるので好評です。
ただし現在、全国対応ではありませんが、エリアは順次拡大しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)


2014年に設立したbitFlyerは日本でもユーザーの多い取引所です。
チャートで仮想通貨の相場確認ができるので、投資家にも高く評価されています。

ただしビットコインに特化しているため、悪い点としては、取り扱い通貨がビットコインとイーサリアムの2種類しかありません。
その代り、ビットコイン取引に関しては、初心者でもわかりやすいサイト構成になっているのが良い点です。
アプリも使いやすいと、多くの人に喜ばれています。

また日本円で出金する際にかかる手数料は、提携銀行を使う場合で出金額が3万円未満なら216 円、3万円を超えると432円です。
提携銀行以外で出金するなら、3万円未満で540円、3万円以上で756 円かかります。

そのため提携銀行を利用するか、もしくは日本円に換金しないで、ビットコインのまま使えるサービスを利用した方が節約できます。
またビットコイン売買手数料は、直近30日間の取引量に応じて異なり、例えば10万円未満なら0.15%となっています。

公式サイト
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-取引所, 雑記
-, , , , , ,

Copyright© ゼロから始める仮想通貨生活 , 2020 All Rights Reserved.