ビットコインからアルトコインまで仮想通貨を使い尽くす

ゼロから始める仮想通貨生活

Zaifトークン 取引所 活用法 雑記

話題騒然のCOMSAを噛み砕いて理解する

更新日:


8月3日にCOMSAが発表されましたが、正直私は何の事なのか理解出来ていませんでした(汗)
なんか難しそうだなぁ。と思いつつも調べてみたところ、早い話

  • 企業の資金調達の場を作りまーす
  • サービス名をCOMSA(コムサ)と言いまーす
  • 第一弾ICOはCOMSA自身がサービス運営の為に資金調達しまーす
  • 仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社が作りまーす

ってだけでした(^_^)
聞き馴染みの無いICOとは、株でいうところのIPO(新規公開株)の事で、新規仮想通貨発行って事のようです。

つまり、新規事業等で資金が必要な企業が新規に仮想通貨を発行して、投資家のみなさんに買ってもらう事で資金調達出来ますよーって事ですね。

うん。イメージ的にはデジタル株式って感じですね。

その他、ポイントとなる情報としてはテックビューロ社が開発したmijinというシステムで、COMSAを運用するようです。
mijinとは私の理解では

簡単にブロックチェーンの仮想通貨(トークン)を作れちゃうシステム

です。
このmijinはnem(ネム)の開発チームを誘致して作られたシステムのようで、nemの基軸通貨xemとの親和性が高そうです。
後述でも触れてますが、これが理由でXEM相場が反応しています。

COMSAへの登録はこちら

話題騒然の理由

では、なぜこんなにも話題騒然なのでしょうか?
私の理解では、こんな理由からだと思ってます。

日本初のICOプラットフォーム

なんにしても、これが一番なのではないでしょうか。
ICOを提供する場は海外で多数あり、投資家は海外サイトでICOに参加出来ましたが、所詮海外です。
とにかく胡散臭過ぎて、気軽に手が出せない印象でした。だって聞いたことも無い海外の会社なんですもん。
それに引き換え今回のCOMSAは日本のICOプラットフォームだけあって、日本の会社が対象となるケースが多いと思われます。
第一弾はCOMSA自身と前述しましたが、すでに第三弾まで決まっており、以下のようにどれも日本の会社です。

  • 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)
  • 株式会社CAMPFIRE(日本最大のクラウドファンディングサービス)

二部とはいえ東証に上場している企業が利用するというのがスゴイですね。
海外のわけのわからん会社に投資するより、よっぽど安心です。

日本の仮想通貨投資家からすると、待ってました!って事なのでしょう。

メンバーがスゴイ

ICOを協議するメンバーが、スゴイ人達が揃ってます。
正直、私はメンバーのお名前は存じ上げませんが、肩書を見る限りかなりのメンツです。
COMSAの本気具合が伺えますね(・∀・)

Lon Wong
NEM.io財団の代表副理事。
ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)のCEO。

Jeff McDonald
NEM.io財団の代表理事。

村口 和孝
COMSAのパートナー。日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表であるベンチャーキャピタリスト。

西村 依希子
株式会社マネーパートナーズ
広報・新規事業推進室長 (マネーパートナーズグループ/東証一部: 8732)

八木 隆二
株式会社カイカCEO兼代表取締役会長。 (JASDAQ:2315)

岩井 陽介
アララ株式会社代表取締役。

平野 洋一郎
インフォテリア株式会社代表取締役社長。 (マザーズ:3853)

狩野 仁志
株式会社フィスコ代表取締役社長。 (JASDAQ:3807)

兼元 謙任
株式会社オウケイウェイヴ代表取締役社長。 (名証セントレックス:3808)

Nate D'Amico
CEO of DTK.io。
テックビューロの開発パートナー。

田中 邦裕
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長。 (東証一部:3778)

佐藤 航陽
株式会社メタップス代表取締役社長。 (マザーズ:6172)

伊藤昌彦
三菱UFJ信託銀行株式会社 経営企画部副部長 FinTech推進室長

宍戸健
東京ビットコイン会議。

家入一真
株式会社CAMPFIRE CEO。

廣末 紀之
ビットバンク株式会社 代表取締役CEO

小笠原 治
株式会社ABBALab代表取締役。

井面 善友
東海東京証券 企業金融部長。 (東証一部:8616)

志茂博
コンセンサス・ベイス株式会社のCEO。JPX、大和証券、ソフトバンクなどのブロックチェー ン実験を実施。Ethereum Enterprise会員。

大石哲之
株式会社ユナイテッド・ビットコイナーズ CSO。

中村仁
株式会社お金のデザイン CEO。

XEM(ネム)の相場から期待値がわかる


チャートを見てみると、8月3日あたりから爆上げしてます。
COMSAではこのXEMが公式な仮想通貨として使われるようなので、この相場は完全にCOMSAに期待しての動きです。

早い者勝ち

とにかく、このCOMSAは早い者勝ちの案件ですよ!

前述のとおり、第一弾はCOMSA自身のICOです。
これを身近なヤフオクで例えると

オークションの場(プラットフォーム)を提供するヤフオクがサービス開始前に、まずは自身の株をオークションで販売する

みたいな事です。
先駆者はよっぽど下手打たなければ、業界のスタンダードになるはずです。
つまり、COMSAのICOは値上がり必至!!

こう考えると、少額でもいいので仕込んでおきたいと思ってしまいます。

購入可能期間は以下の通りで、現時点(2017年8月)ではまだ購入出来ませんが、COMSAへの登録は始まってるので、忘れないうちに登録だけでも済ませときましょう。

期間:2017年10月2日14:00(JST) – 2017年11月6日14:00(JST)

COMSAへの登録はこちら
何やらすごい勢いで登録者が増えているようです。下手すると登録者募集を一時打ち切るなんて事もありえるので早めに登録だけ済ませとく方が吉っぽいです。
登録自体はメールアドレスとパスワードを入力するだけと、かなりシンプルなので30秒ほどで完了します。

あとは、10月になるまでにお金を貯めとく必要がありますね(;・∀・)

私はこの機会に中期運用中のFX口座資金を崩して、COMSAに投資しようかなぁと思案中です。

-Zaifトークン, 取引所, 活用法, 雑記
-, ,

Copyright© ゼロから始める仮想通貨生活 , 2019 All Rights Reserved.