ビットコインからアルトコインまで仮想通貨を使い尽くす

ゼロから始める仮想通貨生活

取引所 手順

bitFlyer(ビットフライヤー)で2段階認証を設定する方法

更新日:

今や常識となっている二段階認証の設定方法です。

bitFlyerとしても設定を推奨しており、bitFlyer内で万が一日本円が不正に出金された場合に、二段階認証が設定されていないと保証を受けることが出来ません。
ちなみに保証内容は、預かり資産が円換算で100万円を超えている。かつ二段階認証が設定されている場合は500万円まで保証されます。
預かり資産が円換算で100万円未満の場合は二段階認証が設定されている場合で10万円までの保証です。
二段階認証が設定されていないと保証は無しです。

もう、設定しない理由がありません。
設定自体も5分ほどで終わるので、さくっとやっちゃいましょう。

ちなみにbitFlyerの登録手順はこちらの記事で紹介しています。

手順1


もろもろの登録が終わると、ログインするごとにこんなメッセージが表示されます。
うざったいので設定しちゃいます(笑)

手順2


不正出金の保証はログイン時と日本円出金時の二段階認証設定が条件となっていますので、特に理由が無いようでしたら、全部にチェックを付けましょう。

手順3


認証アプリを使用します。
androidならアプリストアで「google 認証」で検索して「認証システム」というアプリをインストールしておきます。

手順4


以下のように認証アプリでQRコードを読み込むと、アプリ上に確認コードが表示されるので、それを入力して「二段階認証を設定する」ボタンをクリックします。


「+」ボタンを押すとQRコードを読み込む画面に進みます。


QRコードを読み込むと、bitFlyer用のコード表示が追加されます。
bitFlyer用のコードをbitFlyerサイトの方に入力してください。

手順5


無事に二段階認証が設定済みになりました。
これ以降、二段階認証を必要とする場面で確認コードが求めれれるようになります。

手順6


たとえば、ログイン画面でこのように確認コードが求められるので、認証アプリに表示されているコードを入力します。
「このデバイスでは次回からコード入力を省略する」にチェックを入れれば、毎回コード入力する手間が省けます。

bitFlyer登録サイト
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-取引所, 手順
-, , ,

Copyright© ゼロから始める仮想通貨生活 , 2019 All Rights Reserved.